くぜ総合サービス

HOME > 防除・駆除 > ねずみの防除

ねずみの防除

ねずみの防除

建物内のネズミ防除は、まず環境調査からスタートし、侵入路・外部環境・内部生息や 被害状況などを十分に調査を行ってから防除することが大切です。

また、ねずみが発生する要因には、餌の有無、営巣に適した場所や巣材の有無、 活動が自由にできる空間の存在などが大きく関係します。
それ故、弊社ではお客様のご協力を戴きながら防除に努めております。

ねずみの種類と特徴

日本におけるネズミは、ネズミ亜科とハタネズミ亜科に分類でき、 種および亜種・変種を合わせると10 属27種とされています。 そのほとんどが農耕地や山林などの野外で生活している一方、 家屋やその周辺に住みついている住家性ネズミは ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種です。 この3種も本来、野外で生活していましたが、 いつの間にか人間と生活するようになり、大きな繁栄を得ることになりました。

  • ドブネズミ
    ドブネズミ
    特徴

    日本全土に分布し、一般住宅やビル内で優占種として生息している。住家性ネズミの中で最も大きく、かつ肥満型。性格は獰猛で雑食性であり、泳ぎが得意である。

    成獣の頭胴長は220〜260mm
    尾長175〜220mmで体重は300g程

    防除対策備考
    トイレや風呂場から侵入することもある。あまり高いところからの侵入はなく、床下や台所の排水周りからの侵入が多い。下水構内から顔を出したり、近所のゴミ集積場や犬小屋の周りの地面に穴を開けて生活していることもある。殺鼠剤には非常に弱く、トラップにもよくかかるが、体が大きいので一枚では捕獲が難しいことも多い。
    【防除有効器具】
    ・粘着シート
    ・殺鼠剤
    ・侵入防止材
  • クマネズミ
    クマネズミ
    【特徴】

    住家性ネズミの中では中型かつ、やや痩せ型の種類。本来は屋外性ですが、近年はビルなど高層建築物に広く分布するようになってきた。主に天井裏や壁の中に生活し、高所移動が得意である。

    成獣の頭胴長は180〜253mm
    尾長171〜258mmで体重は200g程

    【防除対策備考】
    殺鼠剤には強く、何日か連続で食べさせる必要がある。粘着トラップも警戒心が強いので捕獲まで何日もかかることもある。殺鼠剤・粘着トラップの他、侵入口を見つけて埋め戻す、餌(食物)の管理、整理整頓なそ複合した対策が必要。近年、ワルファリン(抗血液凝固性殺鼠剤)抵抗性のものが出現している。
    【防除有効器具】
    ・粘着シート
    ・殺鼠剤
    ・侵入防止材
    ・忌避剤
  • ハッカネズミ
    ハッカネズミ
    【特徴】

    住家性のネズミの中でも最も小形な種。半住化性で、近郊住宅などは秋になると家の中へ侵入し住みつくことが多くあります。最近はビルの中でも見かけるようになってきました。何といっても小型であるため、小量の餌で生活でき、行動範囲も小さく人目につきにくいネズミです。電線なども容易にわたることもあり、立体的な活動が得意である。

    成獣の頭胴長は58〜103mm 尾長48〜102mmで体重は20g程

    【防除対策備考】
    体が小さく、10mm程度の隙間から侵入可能。クマネズミのようにあまり立体的に動くことはなく、平面的な活動が多い。もともと農村環境に多い種で、農作物の被害や貯蔵穀物の食害が多い。殺鼠剤お良く食べるが、若干中毒までの時間がかかることもある。粘着トラップでも良く捕獲される。
    【防除有効器具】
    ・粘着シート
    ・侵入防止材

ねずみによる被害

【かじられる被害】
食品以外にも壁や天井板、電線もかじります。
【音の被害】
夜間、天井裏や壁内をうるさく走り回ります。
【糞尿の被害】
エサ場近くの決まった場所にたくさん糞をします。
【不潔な菌の運搬者】
1匹のネズミが菌類を運搬する能力はゴキブリなどの百倍以上です。
【イエダニの発生】
ドブネズミの多くは頭部にイエダニが寄生しています。

ネズミは一生門歯が伸び続けるため常に堅い物を齧る習性があり、そのため、食べ物だけでなく建材や家具、電気や電話の配線までかじることがあります。
かじられた配線はショートし、しばしば火災の原因となることもあります。
また、イエダニや病原体、寄生虫を媒介する厄介者でもあり、代表的な病気としては、中世ヨーロッパで当時の人口の1/3もの命を奪ったペスト、 その他にもサルモネラ症、鼠咬症、ワイル病などがあります。

防除・駆除方法

防除のポイントは次の3方法を併用しながら進めることです。

1.環境的防除対策
食餌の管理・通路の遮断
2.物理的防除対策
捕鼡器・粘着トラップ・防鼡資材の使用
3.化学的防除対策
殺鼡剤・忌避剤の使用

上記の内、お客様に心がけて頂くことで大事なのは「環境的防除対策」でこれを徹底しなければ、いくら駆除してもその後も被害が増えることは必須です。

それをご理解して頂いた上で、駆除対策にあたる「物理的防除対策」と「化学的防除対策」を弊社が徹底し、「環境的防除対策」についてもアドバイスさせて頂きます。

環境的防除対策
(1)エサを与えない
一番重要な対策です。特に夜間、屋内外の食品やゴミ箱をきちんと片付け、ネズミにエサを与えない注意が必要です。ペットのエサも夜間はきちんと収納しましょう。
(2)隠れ家を作らせない
掃除の行き届かない場所を選び、包装紙などをかみ砕いて巣を作ります。
屋内だけでなく屋外の整理整頓も心がけ、不要なゴミ類はすぐに捨てましょう。
(3)侵入路をふさぐ
内外装に隙間やネズミのかじり穴があればトタン板などでふさぎます。
浴室の排水口に目皿が無い場合には設置し、住宅の基礎部分にある通風口には 金網等を取り付けます。
駆除対策
(1)毒エサ(殺鼡剤・忌避剤)を配置する(化学的防除対策)
毒エサを用法、用量に従い出没場所に配置します。
小児やペットがいる場合には配置場所に十分注意し、周りに他の食品がないようにします。
普通、効果はゆっくり現れますから数日間は続けて配置します。
(2)捕獲する(物理的防除対策)
ネズミ捕りカゴ、ネズミ用粘着シート、圧殺式捕鼠器などを出没場所に配置します。
壁際にそって配置する事が効果的です。